トイレ・台所・風呂の排水溝、下水・汚水・排水管のつまり、水漏れを解消する修理専門業者

    水道局指定工事店 排水管清掃業登録法人

お気軽にお問合せ下さい

0120-899-299

排水口つまり解消なら株式会社HLS
トップページ

神奈川県営水道局
  指定  第2791号

千葉県営水道局
  指定  第1988号

東京都水道局
  指定  第8880号

川崎市水道局
指定 第1348号

横浜市水道局
指定 第2604号

さいたま市水道局
指定 第1145号

Top page

排水管つまりの修理なら
水道局指定工事店 HLS水道サービス

排水管つまり修理の専門業者HLS水道サービス

HLS水道サービスのホームページにお越し頂き、ありがとうございます。

当社は汚水、下水の詰まりや逆流など、排水トラブルの修理を専門に扱っている水道工事店です。

トイレの詰まりをはじめ、屋外のマンホールの詰まりやあふれ、台所やお風呂の排水口つまりなど、汚水、下水のトラブルなら何でもご相談下さい。

対応地域内は出張料無料にてお伺い致します。

【サービス案内】排水つまりを解消します

トイレつまり

トイレがつまって流れない。

便器に異物を落として詰まった。  etc.

キッチン,台所の排水溝つまり

台所の排水口がつまって水が流れない。

流しの水はけが悪く、水が抜けるのが遅い。 etc.

お風呂の排水口つまり,逆流

浴槽の栓を抜くと洗い場に水が逆流してくる。

排水口が水を吸い込まない。  etc.

洗面所,洗面台の排水不良

洗面器の栓を抜いても水が流れていかない。

洗面ボールに水が溜まってしまう。  etc.

洗濯パンのあふれ,逆流

洗濯をしていると洗濯機が停止してしまう。

洗濯パンに水が逆流してあふれそうになる。  etc.

汚水枡のつまり,あふれ

庭や通路にある小さいマンホールから汚物があふれている。

汚水マスの中が汚水でいっぱいになっている。  etc.

排水口の掃除をしても詰まりが抜けない。

パイプ洗浄剤を使っても詰まりが解消しない。 etc.

台所やお風呂、洗濯機の排水口に水が逆流して上がってくる。

水を使っていないのに排水口に水があふれてくる。 etc.

どこからともなく悪臭が漂ってくる。

排水口の掃除をしても悪臭が消えない。 etc.

排水トラブルの原因がわからない。

パイプの内部が壊れているかも知れない。 etc.

排水パイプが割れてしまった。

地面に埋まった下水管に不具合が発生している。 etc.

駐車スペースの奥にある汚水槽が満水になっている。

地下の汚水をくみ上げるポンプが故障した。 etc.

排水管のつまりトラブルが解消するまでの流れ

排水管のつまり発生

排水溝 つまり発生

トイレがつまった!
排水溝が詰まった!

お問合せ

排水溝つまりの料金問い合わせ

フリーダイヤルまでご連絡
下さい

お見積り書を提示

無料見積もり

トラブルの原因を調べて
見積りを提示いたします(無料)

承諾後に作業開始

排水溝つまり解消作業

ご依頼を頂いたら
作業を開始致します

排水管のつまり解消

修理完了

排水管のつまり解消!

お支払

作業代金 お支払い

現金・カード・
お振込み・後日ご集金・
にて、対応いたします

薬による洗浄(台所・風呂・洗面台等のつまり)

¥4,000

圧力ポンプによる洗浄(トイレ・台所・風呂・洗濯)

¥8,000

台所流し排水ホース交換・新設(材料費込み)

¥9,000

敷地内排水桝の掃除

¥2,000/一か所

排水管の高圧洗浄¥2,100/m
地下の汚水ポンプ修理・交換型番等を調べた後見積り(無料)
排水溝からの逆流・悪臭など原因調査後に見積もり(無料)

株式会社HLS水道サービスについて

HLS水道サービスの特徴

排水トラブル解消に特化した水道工事店

水道トラブルには多くの種類の故障がありますが、その故障内容を分類すると、大枠で二つに大別できます。

それは「給水関連トラブル」と「排水関連トラブル」です。

「給水関連」は飲み水の供給に関係する設備機器の故障で、代表的なものに「蛇口の水漏れ」などがあります。

「排水関連」は汚水の排出に関係する衛生器具の故障で、代表的なものとして「排水口のつまり」などが挙げられます。

給水と排水、この二つのジャンルの水道トラブルを比較した時、「緊急性が高い」のはどちらでしょうか?

一例ですが、蛇口からポタポタと水が垂れても、今すぐに直さなけれが大変なことになる!というケースは少ないのではないでしょうか?

水がポタポタと垂れる程度ならバケツを置いておけば、とりあえずは大事に至りません。

ところが、例えばトイレが詰まって全く流れなくなってしまったら...

「トイレが使えないから明日まで我慢しよう」とはなりませんよね?

全てがそうとは言えませんが「排水系トラブル」の方が「緊急性が高い」ことが多々あるのです。

HLS水道サービスでは、お客様のお困り度が高い=緊急性が高いトラブルに優先的に対応し続ける中で、排水系トラブルの割合が自然に多くなった経緯があります。

そして現在では、ご依頼頂く水道修理の8割以上が「排水関連トラブル」になっています。

意図せず特化された形で「排水トラブル専門」の業者になりました。

それがHLS水道サービスの最大の特徴です。

地域限定サービス

HLS水道サービスの対応エリアは、神奈川県、千葉県、東京都、埼玉県の一部。

お伺いできる範囲は決して広いとは言えないかも知れません。

これは、お急ぎのお客様や、日時指定のお客様のご要望にお応えする努力をしてきた結果です。

対応地域を極端に広くしてしまうと、修理スタッフの移動距離も長くなりますから機動性が下がり、その結果、対応速度も下がってしまいます。

限られた人員で、お忙しいお客様のご予定に合わせた迅速な動きを実現するためには、移動時間を短縮する必要があります。

そして、「対応エリアは狭いが地域密着」の営業スタイルが必然的に定着しました。

対応地域内は出張料無料

対応地域を限定してしまうことは、利用して下さるお客様にとってはマイナスポイントです。

しかし、反面のメリットもあると考えます。

それが出張料無料です。

当店では、お客様の時間的なご要望にお応えするために長距離移動を削減してきたわけですが、その結果「移動時間」だけでなく「移動コスト」が下がるという副産物が生まれました。

水道修理でお伺いする時は、徒歩や自転車ではなく機材を積載した貨物自動車で伺います。

自動車を使えば、当然ながら燃料費や、場所によっては高速道路料金、駐車場料金等がかかってきます。

ところが移動距離の短縮によって削減できた交通諸経費分は、地域のお客様に還元することが可能になります。

対応エリアの限定が「出張費無料」の財源となっています。

水道トラブルというミクロな水害を復旧する専門業者

自然界を常に循環している「水」

私たちがお風呂やトイレなどで使用した生活排水は、下水道本管に放流された後、下水処理施設でキレイに浄化されて海に返されます。

海に返された水はその後、水蒸気になって上空に昇ります。

やがて10日間ほど経つと雨になって地表に落ちてきます。

地表面に降った雨の一部を分けてもらってダムなどに貯めます。

貯めた水を浄水場でキレイに浄化します。

そしてキレイに浄化された水は、今度は上水道を通って再び私たちの元に戻ってくるのです。

私たちを取り巻く「水」の環境は、このようにぐるぐると回り循環しています。

自然に循環する水の流れを復旧します

自然界でも、人間界でも、常に循環している「水」。

この循環に異常をきたすことで発生するのが、「大」は豪雨による浸水被害などの自然災害。

「小」が建物内を循環している「水道」のつまりやあふれなどの水道トラブルだと考えます。

我々、HLS水道サービスの社員は、これら「ミクロな水害」を解消して自然の循環を復旧する専門家であると自負しています。

HLS水道サービスのお客様の声

東京都 吉澤一行様

東京都吉澤様

横浜市 中華料理上海様

神奈川県横浜市 中華料理上海様

詰まりがなくなっていくのが解りました

中華料理上海様(排水つまり) 横浜市中区

大変ていねいに一生けん命やって頂けました。ヘドロや油よごれ(固まりになった物)など、実感として詰まりが、なくなっていくのが解りました。助かりました。ありがとうございます。

中華料理上海 千葉輝男

千葉市 瀬川様と当社作業員

千葉市瀬川様と当社作業員

HLS水道サービスの評判

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

アパート・マンションオーナーさま

アパート・マンションオーナー様に向けた法人サービスもございます

  • テナントと直接やりとりしてもらえる?
  • 領収書は会社名でも切れる?
  • 銀行振込みの後払いは対応している?

ご不明点、お悩みのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(水曜日を除く)

HLS水道サービスが取り扱う水道トラブル

HLS水道サービスは、排水設備の修理を専門に行っている水道局指定業者です。

排水つまりに特化しているとは言っても、具体的な修理の内容は多岐にわたります。

修理の内容を全てメニュー化することは出来ませんが、主に下記のような水道トラブルに対応しています。

トイレのつまり

トイレのつまり解消作業

トイレのつまりは、数ある水道トラブルの中でも、最も発生頻度が高いものの一つです。

トイレットペーパーを使い過ぎて便器がつまってしまうパターンのほか、掃除用ブラシの先端や芳香剤のフタなどの固形物を誤って流してしまい、詰まってしまうケースもあります。

その他、屋外の地中配管が割れるなどしてトイレが流れなくなるケースもあります。

トイレつまりの修理はこちら→

台所の排水口つまり

台所の排水口つまりを直す

キッチンつまりの原因物質は、ほとんどのケースにおいて多量の油汚れです。

稀にスプーンや箸を落としてしまって流れなくなるケースもありますが、全体から見れはごく少数です。

キッチンが詰まって流れなくなるトラブルの特徴としては、詰まっている箇所が排水口の位置より、かなり先の方である場合が多いことで、例えば、水が流れなくなっているのは二階のキッチンなのに、詰まっている場所は庭に埋まっている排水管(下水管)の内部だったなどがそれに当たります。

また、お風呂場や洗濯機から排出される生活排水と異なり、台所排水には「油」が含まれていることから、詰まりが頑固になりやすい傾向があるのも特徴の一つです。

台所排水口つまりの詳細はこちら→

お風呂の排水口つまり・逆流

お風呂場の排水トラブルを修理している様子

お風呂の排水つまりの原因になっているのは、ほとんどのケースにおいて髪の毛です。

お風呂の場合はキッチンとは逆で、深い部分の排水管のつまりは少なく、浅い部分が詰まっているパターンが大多数です。

浅い部分とは、具体的には排水口の目皿の下側で、ここに大量の髪の毛が溜まっているケースが多いのです。

ただし、中にはお風呂場が地中配管に交わる部分に設置された「雑排水ます」の中のトラップ部が詰まっている場合など、下水管に不具合があるケースも一定数あります。

お風呂場排水口つまりの詳細はこちら→

洗面所の排水管つまり

洗面所の排水口つまりを解消する

洗面台の水が流れなくなる原因部分は、洗面ボウルの下のS字型に湾曲したパイプです。

洗面台の排水パイプは、管口径が細い上に湾曲しているため、汚れが溜まりやすい傾向があります。

また、詰まりトラブルとは別ですが、指輪を落としてしまうなど、アクセサリーの紛失トラブルが多いのも洗面所に特有です。

洗面所の排水口つまりの詳細はこちら→

洗濯パンの排水口つまり・逆流

洗濯機の水が流れる雑排水管のつまりを解消する作業

洗濯をしている時に、洗濯機が警報を発して停止してしまうトラブルが多く発生しています。

洗濯機が止まった当初は、機械的な故障かと思ったが、調べてみたら排水口の詰まりが原因だったというケースが多々あります。

しかし、洗濯機の排水口を掃除しようとしても洗濯機が重すぎて動かせないという問題が発生することが多く、その意味で洗濯機の排水トラブルは厄介な面があります。

わたしども専門の業者は、洗濯機を浮かせて排水口を露出させることができる専用の洗濯機リフターを使用して作業します。

洗濯機の排水口トラブルの詳細はこちら→

屋外の排水溝(排水桝)のつまり・あふれ

外の排水溝のつまりとあふれを解消する工事の様子

屋外の排水溝は、正確には「排水ます」と呼ばれていて、敷地内の下水管を点検したり、掃除したりする際にフタを開けて利用する重要な排水設備です。

排水枡には大きく分けて「汚水ます」と「雨水ます」の二つの種類があります。

「汚水ます」は生活排水が流れる下水管に、そして「雨水ます」の方は雨水配管を中継するように、それぞれ設置されています。

排水ますから下水があふれ出すトラブルは、主に敷地内配管の詰まりや破損など、地中における排水管の不具合で発生します。

家の外の排水溝つまりの詳細はこちら→

各種、排水管のつまり・水漏れ

下水管のつまり抜き

水道がある場所には必ず排水溝があります。

例えばキッチンならシンクの中に排水口がありますし、お風呂なら洗い場と浴槽にそれぞれ排水口があります。

そして、これら全ての排水口の延長線には「排水管」があります。

排水管は、通常、壁内(かべうち)や床下、あるいは地中に隠れていて肉眼で見ることがありません。

室内から屋外へ、そして敷地内から公共下水道へと続く排水管は、全長が長く、さまざまな太さや材質のパイプがあります。

これらの理由で、詰まっている部分を発見しにくい排水管ですが、ひとたび隠れた不良個所を見つけ出すことさえ出来れば、意外に簡単な作業で復旧するケースも多くあります。

下水管、排水管のつまりや水漏れはこちら→

排水水中ポンプの故障【地下があるお家の場合】

排水ポンプの更新工事

排水水中ポンプは、地下を持つ建物に付属する排水設備です。

首都圏の一戸建て住宅は、都市計画における「高さ制限」「斜線制限」「建ぺい率」「容積率」などの規制を守った上で、最大の居住空間を得るために「地下緩和」の措置を利用して建築されること多いのが特徴です。

そのため、都市部の一軒家は地下付きの家が多く、敷地内には「汚水槽」が設けられています。

通常、汚水槽は上記の排水管と同様、目立たない場所に設置されていてポンプ自体もその中にあることから、日常目にすることはあまりないと思います。

目立たないが故に、新築して10年前後のお家の場合などで、初めてポンプが故障した際は、排水不良の原因がポンプの不具合だとは気づきにくい側面があります。

地下のある戸建て住宅で、トイレとお風呂が同時に流れなくなったり、地下の部屋にいると、どこからともなくモーターが回り続ける音がするなどの異変に気づいたら、それは水中ポンプの故障によるものかも知れません。

排水ポンプの故障の詳細はこちら→

配管工事

排水配管の修繕工事

水道管には上水用と下水用があります。

HLS水道サービスでは、主に下水用のパイプである排水管の修繕工事を取り扱っています。

給水管と排水管の違いとしては、給水管が「有圧送水式」であるのに対し、排水管は「自然流下式」である点が挙げられます。

ポンプなどの人工的な力によることなく、ただ低い方へ低い方へと自然に流れてゆく仕組みをもつ排水管の配管工事では、「適正な勾配をとる」ことが重要で、ここが他の配管と決定的に異なる点です。

飲み水を運ぶ給水管や、ガス管、空気を循環させる空調設備の配管、また電気を供給するケーブルなどには勾配(傾斜)という概念はなく、始点と終点がつながってさえいれば、原則的には問題はありません。

建築後年数の経過にともない、地中配管の一部分のおいて勾配不良が発生し、それが見えないままに進行してしまったことが、排水不良の原因になっている例が多くあります。

配管工事の実際の事例はこちら→

排水枡・汚水枡の修繕工事

汚水枡の工事

上でも述べましたとおり、排水枡には「汚水枡」と「雨水枡」の二つの種類があります。

上記二つの内「汚水枡」に不具合が発生した場合は、下水の排出に支障が出てきます。

また「雨水桝」の故障の場合、敷地が水浸しになったり、傾斜地であれば擁壁(ようへき)から水が染み出すなど、雨水処理に問題が出てきます。

排水ますが壊れてしまうと、家の中ではトイレや各所の排水口などで水が流れないというトラブルが発生しますが、このパターンの場合は、室内側でどんなに入念に排水口の掃除をしても詰まり症状は改善しません。

汚水ます修理の事例はこちら→

排水管の内部調査

排水管の内視鏡カメラ調査

排水不良が発生して、さまざまな措置を実施したにもかかわらず、なかなか解消しない詰まりトラブルが一定数存在します。

このような場合は、原因そのものを突き止めるための作業が必要になります。

それが「排水管の内視鏡カメラ調査」です。

HLS水道サービスでは、長短さまざまなケーブル長をもつ内視鏡カメラで調査致します。

排水管のカメラ調査の事例はこちら→

排水管高圧洗浄

排水管高圧洗浄

排水管高圧洗浄は、高い圧力をかけた水流をパイプ内に噴射しながら排水管の内部を洗浄する工法です。

使用する高圧洗浄機にはエンジンの動力を利用する大きな洗浄機から、電気モーターを動力にするポータブル高圧洗浄機まで、大小さまざまなものがあります。

HLS水道サービスでは、トラック一台がそのまま高圧洗浄機になっている特殊車両から、モーター式のポータブル洗浄機まで、さまざまな洗浄機を状況に合わせて使い分けて作業します。

下水管つまりの高圧洗浄による修理はこちら→

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

アパート・マンションオーナーさま

アパート・マンションオーナー様に向けた法人サービスもございます

  • テナントと直接やりとりしてもらえる?
  • 領収書は会社名でも切れる?
  • 銀行振込みの後払いは対応している?

ご不明点、お悩みのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(水曜日を除く)

  Column

21世紀になっても未成熟な建築物の排水システム

建物内で使用され、不要になった汚水、下水を排出する設備や原理を総称して「排水システム」と呼びます。

建物から使用後水(汚水、下水)を排出する「排水システム」の構築には、機械的なシステム設計は不可能と言われています。

そのため、近代建築においても昔からの経験則を元に設計されているのが最新の排水システムの現状で、それゆえに今だ未成熟だとも言われています。

下水処理の歴史は硫化水素やアンモニアなどの、排水ガスの処理方法の研究の歴史でもあり、現代では常識の水洗トイレも昔は当然ありませんでした。

排水ガスと臭気の問題で、どんなに立派なお城でも室内にトイレを作ること自体ができなかったのです。

ではどのくらい昔なのかというと、下水の臭気止めとして当たり前に使われている「排水トラップ」が始めて世に登場したのは17世紀のヨーロッパでした。

日本では関ヶ原の合戦があった時代です。

当時、ヨーロッパのトップエンジニアは時計職人だったと言われており、彼らも含めたエンジニアや学者が様々な工夫を凝らして排水システムの開発に取り組みました。

ワットが蒸気機関を発明して産業革命が起きた後、色々なものが動物力から機械力に入れ替わり、水を運ぶパイプにも動力搬送が導入されました。
ポンプで圧力をかけて水を送る仕組みです。

飲用水を供給する配水管はポンプによる圧送式が主流になり、給水方法は飛躍的に進歩しました。

しかし建物から下水を排水するシステムは「重力式」で、現在も川の流れと同じ自然流下の原理が基本になっています。

有圧送水の飲用水が詰まって流れなくなるトラブルは滅多に発生しないのに対し、自然流下式の排水管が詰まって流れなくなるトラブルが頻発するのには、そんな仕組み上の違いが挙げられます。

排水管清掃業という確立された業務形態が存在するのも、排水システムがいまだに成熟していないことの証左とも言えます。

そのため現代においても、排水システムの保全は定期的なメンテナンスに依存しているのです。

専門業者の役割

アメリカで鉄鋼関連の技術が開発され進歩した時代に、ニューヨークとシカゴで超高層建築物が登場し、「エレベーター」と「ポンプ」という新しい設備が導入されました。

その時にアメリカの総務省が国家事業として取り組んだのが、高層建築物の排水配管の必要口径に関する研究でした。

そしてついに、NPCという超高層建築物の排水システム基準が確立されました。

日本では1967年に、このNPCをコピーした形で超高層排水システムの基準ができ、本格的なビルメンテナンスの実務がスタートします。

しかし、これは大規模建造物の基準であって一戸建て住宅では明確な基準はなく、排水管に通気設備を設けていない建物が非常に多いのが現状です。

通気設備の不備が黙認されているのは、一戸建て住宅などの小規模な低層建築物の場合、その水量の少なさが幸いして通気管を設けなくても、自然排水できるケースが多いからです。

しかし、上記のとおり自然流下式を主とする排水管の掃流力(水の流れで自浄する力)は強いとは言えず、経年による排水管内の汚雑物の滞留は防げません。

実際、定期メンテナンスを行っていない住宅は多く、排水つまりのトラブルは日常的に頻発しています。

それらの排水トラブルに対処するために存在するのが、排水配管の仕組みに詳しい私ども水道業者、排水管清掃業者です。

私ども専門業者の役割は主に二つだと考えます。

ひとつは、排水管つまりが発生する前の日常メンテナンスの重要性をいかに伝え、トラブルを未然に防ぐか。

そして二つ目は、すでに発生してしまった排水トラブルを、専門業者として、いかに迅速に解消するかです。

節目での対処と家の寿命

家は、よく人間の体に例えられます。

人間にも家にも「姿、形」という「外見」があります。
建物の外見に関わる部分を建築用語では「意匠」と呼びます。

次に、人間にも家にも「骨格」があります。
これは建築の世界では「構造」と呼ばれます。

更に、人体には生命活動を支える「血管・神経」などが通っています。
これらが水道などの「設備」になります。

そして「設備」の中には、人の生命維持のために絶対に必要な水を運ぶ「給排水衛生設備(水道)」だけでなく、「電気設備」「ガス設備」「空気調和設備(空調設備)」などがあり、これらは生命維持に必須なため「ライフライン」とも呼ばれています。

私どもが取り扱う「水道」は、その循環構造から「血管」や「消化器」に例えられることが多いのですが、人体の血管や腸が詰まってしまったら大変なことです!

人間の体ほど深刻ではないものの、建物の場合でも健康はやはり大事です。

「パイプにへばり付いた汚れ」を定期的に掃除する設備メンテナンスは、建物の「健康」と「寿命」そして「資産価値」に関わってくるのです。

「水が流れなくなる」という症状が起きていることが示しているのは「見えない部分で故障が発生している」という事実に他なりません。

この見えない部分の故障こそ、しっかりと対処することが大事で、これは雨漏りに関係する小屋裏(天井裏)や家の強度に関連する土台部分(床下)などと同様です。

定期的な家のメンテナンスは、家屋の寿命に関係する大事な部分の手入れを抜かりなく行う意味で非常に有効な手段です。

マンションなどでよく行われる半年に一度の排水管清掃なども定期メンテナンスの一つです。

しかし、定期メンテナンスがいくら重要とはいえ、何のトラブルも起きていないのに排水管の点検をする方はそう多くありません。

また、家のメンテナンスに関しては、必ずしなければならないという決まりがありません。

なので、排水つまりのトラブルが起きてしまったその時こそ、しっかりと不具合の調査をして、しかるべき対処をすることが重要だと思うのです。

人間と同様、年齢を重ねる家屋の「節目でのメンテナンス」は、そういう意味でも非常に大事だと思います。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

アパート・マンションオーナーさま

アパート・マンションオーナー様に向けた法人サービスもございます

  • テナントと直接やりとりしてもらえる?
  • 領収書は会社名でも切れる?
  • 銀行振込みでの後払いは対応している?

ご不明点、お悩みのご相談をお待ちしております。

お電話でのお問合せはこちら

受付時間:9:00~18:00(水曜日を除く)

9月25日

ホームページを更新しました

お問合せはこちら

排水管トラブルの電話相談

携帯・PHP OK

0120-899-299

受付:午前9時~午後6時
(土日祝も営業しております)

対応エリアは地図をクリック

水道局指定免状

水道局指定免状

※ 写真は東京都の指定書

排水管清掃 国家資格免状

 水道局指定番号 一覧

東京都水道局指定

第8880号

千葉県水道局指定

第1988号

神奈川県水道局指定

第2791号

横浜市水道局指定

第2604号

川崎市水道局指定

第1348号

さいたま市水道局指定

第1145号

会社概要

正規代理店

社会貢献情報

ユニセフからの感謝状

ユニセフ

国境なき医師団
からの感謝状

国境なき医師団2014年.jpg

日本介助犬福祉協会
からの感謝状

介助犬福祉協会