トイレ・台所・風呂の排水溝、下水・汚水・排水管のつまり、水漏れを解消する修理専門業者

    水道局指定工事店 排水管清掃業登録法人

お気軽にお問合せ下さい

0120-899-299

排水口つまり解消なら株式会社HLS

1月6日 更新

   0120-899-299   午前9時~午後6時まで受付しております

  当店は水道局の公認工事店です

神奈川県営水道局
  指定  第2791号

千葉県営水道局
  指定  第1988号

東京都水道局
  指定  第8880号

川崎市水道局
指定 第1348号

横浜市水道局
指定 第2604号

さいたま市水道局
指定 第1145号

Sewage square

汚水枡の溢れ、詰まり、水漏れの原因と直し方

汚水枡のあふれを直す

  • トイレを流すと屋外の汚水枡に汚物があふれる
  • 1階のトイレと2階のトイレが同時に流れなくなった
  • 外の排水溝(汚水枡)の周辺に汚物が散乱している
  • 台所の油が汚水枡にたまって水が流れなくなった
  • 汚水枡を清掃しても汚水の水漏れが直らない

水が流れない場所はどこですか?【復旧サービス一覧】

場所別メニュー

トイレのつまり

トイレがつまって流れない。
便器に異物を落とした。
トイレつまりを自分で直す方法  etc.

キッチン,台所の排水溝つまり

台所の排水溝がつまって水が全く流れない。

水はけが悪く水の流れが遅い  etc.

お風呂の排水口つまり,逆流

浴槽の栓を抜くと洗い場に水が逆流してくる。

排水口の水の流れがわるい  etc.

洗面所,洗面台の排水不良

洗面器の栓を抜いても水が流れていかない。

洗面器に水が溜まってしまう  etc.

洗濯パンのあふれ,逆流

洗濯をしていると洗濯機が停止してしまう。

洗濯パンに逆流してあふれる  etc.

汚水枡のつまり,あふれ

何も落としていないのにトイレが流れない。

家の外の汚水枡があふれている  etc.

薬剤による洗浄(トイレ・台所・風呂等のつまり)

¥4,000

真空ポンプによる洗浄(トイレ・台所・風呂・洗濯)

¥8,000

流し排水ホース交換・新設(材料費込み)

¥9,000

敷地内排水ますの掃除

¥2,000/一か所

高圧洗浄による排水管つまり修理¥2,100/m
排水ポンプの修理・交換型番等を調べた後見積り(無料)
汚水の逆流・排水口の悪臭解消など原因調査後に見積もり(無料)

汚水枡のあふれ解消までの流れ

汚水枡がつまった!

汚水枡があふれた!

外の排水溝(汚水枡)から汚物があふれている!

お問合せ

専門業者にご相談下さい

フリーダイヤルにてご連絡下さい

無料見積り

無料見積もり

配管ルートと原因を調べて
見積りを提示いたします(無料)

清掃開始

汚水枡の清掃

ご依頼を頂いた場合は迅速に
清掃作業を開始致します

汚水枡のつまり解消

汚水枡のあふれ解消!

汚水のあふれ解消!

お支払

決済お支払い

現金・カード・
お振込み・後日ご集金・
にて対応いたします

下水つまりが解消したお客様の声

HLS水道サービスの評判

汚水枡(屋外の排水溝)のつまり・あふれを解消する

 

このページには汚い画像が多数含まれています。修理サービスをご紹介する上でやむを得ないため、ご容赦下さいませ。

汚水トラブル解消で重要な作業拠点となる汚水枡

屋外にある排水溝が汚水枡

庭や通路など、屋外にある排水溝が汚水枡

トイレの便器から流れて消えた排泄物は敷地内配管を経由して下水道本管に放流されます。

その配管ルートの途中で不具合が起きると、排泄物を下水道まで上手く運搬することが出来なくなるため、トイレの排水不良が起きます。

その際、汚水の流れを点検したり配管内部の掃除をしたりするのに必要になるのが、屋外にある排水溝である「汚水枡」です。

 このぺージでは、敷地内配管の重要拠点である「汚水枡があふれる」などのトラブルの解消について説明します。

汚水枡に汚物が溜まり、あふれている【実例】

敷地内の配管に何らかの不具合が発生すると下水つまりの症状が現れます。

室内ではトイレが流れなくなったり、台所やお風呂場の排水口では水の引きが悪くなるなどの症状が現れます。

これらの排水不良はトイレや台所など、その場所ではなく「屋外」に原因がある場合があります。

それが「汚水枡」の不具合です。

以下はその実例になります。汚い画像が多いですがトラブルの性質上ご容赦下さい。

汚物があふれた汚水枡(施工前)

汚物が溜まった汚水枡

掃除後の汚水枡(施工後)

洗浄後の汚水枡

こちらの建物は南北に長細い2階建てのアパートタイプの集合住宅でした。
各世帯の、ちょうど玄関前の通路に、いくつもの排水ますが設置されていました。

一番左端のお部屋の玄関前の汚水ますから、汚水があふれ出し、通路部分はトイレットペーパーと汚物で汚染されている状態でした。

施工前にはあふれる寸前だった汚水が、施工後になキレイに消えています。

  汚水枡のトラブルで圧倒的多数を占めるは「トイレの汚水管」関連です。

あふれた汚水の中に、トイレットペーパーの破片らしきものが見て取れたら、それはトイレ汚水管の不具合であると判断できます。

この場合、例えトイレが使えたとしても、本来のようにちゃんと下水道に排出されておらず、敷地内にまき散らすことになってしまいます。

修理の流れはこちら→

塩ビ製の小口径ます(施工前)

排泄物が浮かんだ小口径枡

塩ビ製の小口径ます(施工後)

洗浄後の小口径枡

屋外の敷地内に設置されている汚水枡には、大小さまざまなサイズがあります。

この画像の汚水枡は、小口径枡(あるいは小径枡)と呼ばれる汚水枡で、直径が10センチ程度の小さいのが特徴です。

フタはグレーのプラスチック製で、製品によっては「おすい」と明記されているものもあります。

成功前は汚水枡の中に水が溜まっており、汚物が浮遊しています。

施工後は水が抜け、右にカーブした底面の排水路が露出しているのが判ります。

  小口径の汚水枡はあふれの修理をする際に重要になります。

長い敷地内配管を中継しているのが汚水枡ですから、小口径とはいえ枡が沢山設置してあると配管全体を細かく分割して調べることができるからです。

修理の流れはこちら→

インバート枡(施工前)

掃除前のインバート枡

インバート枡(施工後)

掃除後のインバート枡

こちらはトイレの汚水枡です。

トイレがつまって流れなくなるトラブルが発生した時、ほとんどの人が便器が詰まったと思われます。

実際にトイレで起きる排水不良の9割は便器内のつまりですが、この事例のように汚水枡がつまったことで発生するトイレつまりもあります。

いわゆる「便器の紙つまり」の場合は、ラバーカップや真空ポンプなどで便器に圧力をかけることで直るケースがほとんどですが、汚水枡の内部がつまってしまったことが原因で発生するトイレの排水不良は、いくら便器にパカパカと圧力をかけても詰まりが抜けることはありません。

  汚水枡がつまったことで発生するトイレつまり症状は、一時的に流れるようになったかと思ったらまた詰まってしまうなど、スッキリとしない状態が長期間続くという特徴があります。

修理の流れはこちら→

油が原因のつまり(施工前)

油でつまった汚水枡

油が原因のつまり(施工後)

油を掃除してキレイになった汚水枡

こちらの汚水枡は油が原因でつまり、あふれた事例です。

白い泡のようなものは、排水管内部に溜まった油と、パイプ洗浄剤の成分が洗い流されることで出てきたものです。

作業終了後には水が澄んだ色に戻っています。

  キッチンで排水不良が発生し、その原因が台所から遠く離れた屋外の汚水枡だったというケースも多数あります。

キッチン(台所)の水が合流する汚水枡のトラブルの場合、原因が硬化した油であるため、トイレに比べると詰まりが非常に硬い特徴があります。

修理の流れはこちら→

土砂によるつまり(施工前)

土砂が溜まった汚水枡

土砂によるつまり(施工後)

土砂を撤去した後の汚水枡

施工前の汚水枡内部には、汚物が滞留(たいりゅう)していました。

原因は汚水枡の中に堆積した土砂(どしゃ)です。

汚水枡が沈下してしまい、隙間から土が中にこぼれ落ちてしまう状態でした。

まずは土砂を除去して詰まりを抜き、その後で排水桝を修理します。

  汚水枡の内部に滞留する物質は、排泄物や油、髪の毛、界面活性剤など生活排水に含まれる成分だけで、土や砂が入り込むことはありません。

このケースのように汚水枡に土砂が入り込んでいる場合、汚水枡の内部が破損しています。

修理の流れはこちら→

小径汚水ます(施工前)

排泄物があふれる寸前の汚水枡

小径汚水ます(施工後)

掃除後の汚水枡

トイレの汚水が溢れた汚水枡です。

こちらの汚水枡は会社敷地内で、大型トラックを含めた車が通過するため、フタには耐荷重性の高い鉄製マンホールを使用しています。

鉄製のフタを開けると、排泄物があふれ出す寸前でした。

この時、会社内では男性用トイレ室の洋式便器が何台も同時に流れなくなるという排水トラブルが発生していました。

  トイレに限らず、建物内の複数の場所で同時に排水不良が発生した場合、その原因はほぼ間違いなく屋外配管にあります。

この事例は会社ビルでのトラブルでしたが、一戸建てでも同様です。

例えば1階と2階にそれぞれトイレがある場合で、2台が同時に流れなくなったり、お風呂と台所の水の流れが両方とも悪いなどの場合がそれに当たります。

また都市部の場合で地下室がある一戸建て住宅では、地下の排水ポンプが故障しているパターンが多いです→詳細はこちらをクリック

修理の流れはこちら→

薬剤による洗浄(トイレ・台所・風呂等のつまり)

¥4,000

真空ポンプによる洗浄(トイレ・台所・風呂・洗濯)

¥8,000

流し排水ホース交換・新設(材料費込み)

¥9,000

敷地内排水ますの掃除

¥2,000/一か所

高圧洗浄による排水管つまり修理¥2,100/m
排水ポンプの修理・交換型番等を調べた後見積り(無料)
汚水の逆流・排水口の悪臭解消など原因調査後に見積もり(無料)

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

頑固な排水不良の原因の多くは家の中ではなく屋外にある

つまりが抜けると一気に汚物が流れ出る

詰まりが抜けると汚物が一気に流れ出る

この写真は、一戸建て住宅の下水つまり解消作業を行っている最中の写真です。

汚水管のつまりが抜けてくると、写真のように汚物が少しづつ流れ出てきて、しばらくすると「ドバーッ」という感じで一気に大量の排泄物が流れ出てきます。

それが詰まりが抜け始めたサインで、その後ほどなく排水機能が復旧します。

キッチンの排水つまりの場合であれば、汚物のかわりに油のかたまりがドバーッ出てきます。

汚水ますのトラブルが最も多いのは郊外の一戸建住宅

汚水枡の高圧洗浄作業

土地が大きい一戸建てで多発する

敷地内の排水配管の距離が長いと、勾配(配管の傾斜)を取りにくくなるため、汚水の流れが悪くなりやすい傾向があります。

排水管の傾斜角度は、急すぎると水だけが抜けて排泄物が運ばれませんし、全くの水平ではそもそも水が流れて行きません。

わすかな傾斜角で汚水を流す排水配管の距離が長ければ長いほど、何かが引っかかって水がせき止められた時に溜まってしまう汚水の量が多くなるため、汚水が溢れるトラブルが発生しやすくなります。

では溢れトラブルが起きやすい建物の条件とはどのようなものでしょうか?

汚水トラブルが起きやすい条件は「土地面積に対して、建物が占める面積が小さい建物」です。

例えば1000坪の土地に対し800坪が建物が占めるマンションの場合と、50坪の土地面積に対し25坪の建築面積の一戸建ての場合を比べた場合、土地面積に対して建物が小さい方は一戸建てです。(この割合を建ぺい率と呼びます)

建物の割合が小さいことを逆から見れば「土地の割合が広い」ことになり、「その土地に埋められた下水管のキョリも長い」ことになります。

汚水枡のあふれや水漏れなどの排水トラブルが郊外の一戸建て住宅で多く発生する理由は、土地の広さを建ぺい率に関連しています。

汚水枡があふれる仕組み

こちらの図は汚水枡から水漏れを起こしたり、汚水があふれたりする仕組みを表しています。

汚水枡から汚物があふれ出す原因自体は敷地内配管の内部にあります。

現在あふれている汚水枡の下流側のどこかで配管内部に不具合が発生し、せき止められた汚水・汚物が、直近の汚水枡からあふれ出してきます。

汚水枡の仕組み

修理の流れはこちら→

汚水枡の種類

インバート枡

インバートます

底面に「排水路」があるのがインバート枡の特徴です。

この溝に沿って汚水が流れて行きます。

汚水が溢れるトラブルを起こすのは、このインバート枡になります。

ため枡

雑排水枡(ため枡)

溜め枡の特徴は、分離水槽になっている点です。

異物を分離して沈め、上澄みだけを排水するように出来ています。

トラップます(上向き)

トラップ枡(上向き)

防臭、防虫のための水溜まり(トラップ)が組み込まれています。

主に洗面所や洗濯機の排水に採用されますが、最近では少なくなっています。

トラップます(下向き)

トラップ枡(下向き)

こちらの下向きのトラップ枡が本式です。

水の中にパイプの先端を埋没させることで、下水道の空気が室内に侵入しないように作られています。

ドロップ桝

高さ調整ます(ドロップ桝)

ドロップ桝は「高さ調整ます」とも呼ばれます。

急激に地面の高さが変わる部分や、配管の高さの差が大きい場所に設置されます。

雨水桝

雨水枡

先に紹介した溜め枡のあま水専用版です。

汚水枡は丸いものが多いのに対し、雨水桝は四角いものが多いのが特徴のひとつです。

雨水枡は厳密には汚水枡とは分けられた別の用途の排水桝で、汚水枡には含まれません。

 汚水枡があふれる原因は、汚水枡につながっている排水管内部にあります。

排水管のつまりを貫通すれば汚水枡のあふれは解消します→

つまりやあふれを解消する工事に使用する機材

これらの汚水トラブルを解消する工事で、最も多く使用される機材は「ワイヤー式排水管清掃機」と「高圧洗浄機」です。

ワイヤー式排水管清掃機には、太いワイヤー細いワイヤー、長いワイヤー短いワイヤーなど様々な種類があり、ワイヤーの先端のアタッチメントにも沢山の種類があります。

洗浄機の場合でも、エンジンを動力とする移動式高圧洗浄機、小さく排気ガスが出ない電動の洗浄機(主に室内で使用)など多くの種類があります。

また、排水管の内部に挿入する「洗浄ノズル」にもさまざまな形があります。

これらを適宜組み合わせ、最も適切な機材と方法を駆使しながら汚水トラブルの解消に当たります。

小型の高圧洗浄機

汚水トラブルを解消する機材たち

高圧洗浄機

汚水つまりを解消する特殊車両

汚水トラブルを解消する特殊車両もある

汚水桝のあふれなど、詰まりトラブルを解消する機材の中でも最も強力なのは高圧洗浄車です。

これは当店が所有する「トラック一台がまるまる洗浄機」になっている特殊車両です。

 汚水が漏れだしている場所は「汚水枡」ですが、原因箇所は汚水枡の内部ではなく、汚水管の内部であるケースが多いです。

汚水枡の中を掃除しただけではトラブルが解消しないケースが沢山あるのはそのためです。

汚水管のつまり修理はこちら→

薬剤による洗浄(トイレ・台所・風呂等のつまり)

¥4,000

真空ポンプによる洗浄(トイレ・台所・風呂・洗濯)

¥8,000

流し排水ホース交換・新設(材料費込み)

¥9,000

敷地内排水ますの掃除

¥2,000/一か所

高圧洗浄による排水管つまり修理¥2,100/m
排水ポンプの修理・交換型番等を調べた後見積り(無料)
汚水の逆流・排水口の悪臭解消など原因調査後に見積もり(無料)

東京都足立区 加藤様

とてもよく説明していただき、工事も無事終了

東京都足立区 加藤様とワンちゃん

尿検査用のカップをトイレに流してしまい、インターネットでみつけて、お願いしました。
とてもよく説明していただき、工事も無事終了。

今後のアドバイスもしてくださり、専門知識豊富な作業員の平井さん、お世話になりました。

東京都大田区 杵淵様

大変困って電話をした所すぐに来てくれて修理していただきました

大田区 杵淵様

大変困って電話をした所すぐに来てくれてわかりやすく原因の説明をしてくれたので安心して修理していただきました。

今後も何かありましたらまた是非お願いしたいと思います。ありがとうございました。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

【まめ知識】 排水ます・汚水ます編

排水桝の材質(プラスチック製とコンクリート製)

排水ます・汚水ますの材質には「硬質塩化ビニール製」「ポリプロピレン製」などのプラスチック系の素材と「鉄筋コンクリート製」の2種類があります。

現在、新築で家を建てる際には、硬質塩化ビニール製の排水ますが主流になっていますが、鉄筋コンクリート製のマスもまだ現役です。

塩ビ製の排水ますの長所は、排水管と同じ材質で出来ているため、接続部に接着剤が使用されていることから、排水ますの沈下が起きにくいことです。

しかし、修繕が必要になった際には勝手が悪く、排水管を含めた広範囲で交換が必要になるケースが多いのがマイナス点です。

この点、コンクリート製の排水ますは、修繕がやりやすいという長所があります。

それぞれに長所、短所がありますので、どちらが良いという判断は難しい面がありますが、共通して重要なことは、耐水性や対候性に優れていることです。

汚水桝の間隔(物置を設置するなどの際に重要なこと)

排水管口径の120倍を超えない範囲内に設置するという基準があります。

例えば一戸建てのメインの排水管の口径は通常100ミリ(10センチ)の場合が多く、その場合であれば排水ますの間隔は、12メーターに1つになります。

しかし実際にはそのとおりになっていないのが現実です。

12メーターと言わず、汚水ますと汚水ますの間隔が狭い分にはよいのですが、中には敷地の端に一か所だけという場合もあります。

また、汚水ます自体はしっかりと一定間隔で敷設されていても、ますの上に敷石を置いてしまったり、花壇を作ってしまったりして位置がわからなくなっているケースが非常に多く見られます。

このように汚水ますの位置が判らなかったり、そもそも設置されていない場合に汚水管がつまるなどの排水トラブルが発生してしまうと、修理が非常に難航し、大掛かりになっててしまいます。

敷地内の排水桝・汚水桝は、掃除口としての機能を保全する意味で、しっかりと露出させておくことが重要です。

物置を設置するなど、何らかの理由で排水ますを隠蔽する必要がある場合は「ここに排水マスがある」と、しっかり把握しておくことをおすすめします。

同様に庭が雨でぬかるむのを防ぐために敷石を置いたり、透湿シートを敷き詰める場合も同様で、汚水枡や雨水桝の位置はしっかりと把握しておく必要があります。

いつか排水メンテナンスを行う日が来た時に、どこにマスがあるか判らないという状況だけは避けておきましょう。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら (携帯・PHS OK)

0120-899-299

<受付時間>午前9時~午後6時(土日祝も営業)
<見積もり>無料(キャンセル料等もかかりません)

お問合せはこちら

排水管トラブルの電話相談

携帯・PHP OK

0120-899-299

受付:午前9時~午後6時
(土日祝も営業しております)

対応エリアは地図をクリック

水道局指定免状

水道局指定免状

※ 写真は東京都の指定書

排水管清掃 国家資格免状

 水道局指定番号 一覧

東京都水道局指定

第8880号

千葉県水道局指定

第1988号

神奈川県水道局指定

第2791号

横浜市水道局指定

第2604号

川崎市水道局指定

第1348号

さいたま市水道局指定

第1145号

会社概要

正規代理店

社会貢献情報

ユニセフからの感謝状

ユニセフ

国境なき医師団
からの感謝状

国境なき医師団2014年.jpg

日本介助犬福祉協会
からの感謝状

介助犬福祉協会